「塗装について」その他のページ▼

テリオスコートNP-360(常温ホーローコーティング材)<液体ガラスシリーズ>

01テリオスコートNP-360とは

完全無機質の1液性塗料です。
従来、高温処理でなければできなかったホーロー処理を常温で行えるようにした新技術です。
ホーローとは水性ペンで書いたり消したりできるあのホワイトボードを想像していただくとわかりやすいと思います。
テリオスコートを塗布すると、水性・油性を問わず、落書きされても乾いた布1枚で容易に何度でも落とすことができ、また塗膜の劣化もほとんどありません。
コンクリート、モルタル、スレート、金属、木材等の施工に適し、テリオスコートを塗布すると各種基材にシリカ皮膜を形成します。
超耐久性、耐候性、耐熱性、耐摩耗性、不燃性、耐薬品性、耐水性、耐酸性雨、耐塩害性、防汚性等で優れた効果が実証されています。
有機溶剤ではありますが、アクリルシリコン樹脂塗料のSSプライマーをバインダーとして使うことによって、(社)日本塗装工業会の色見本のほとんどの色に対応することができます。

  テリオスコート メーカーカタログ

02主な事例

国道6号線 榊橋

施工前
落書きされた国道6号
施工後
テリオスコートを塗装し、落書きを防止。

SSプライマー+テリオスコート
開通式前に落書きされてしまい、1スパンだけの応急処置ですがまた落書きされても乾いた布1枚で拭取れます。元請は鈴縫工業(株)様です。


公園の落書きされたすべり台
すべり台を落書きに強いテリオスコートで塗装

日立市の戸沢第1公園のたこすべり台です。見苦しい落書きの見本のような状態でした。たくさんの子どもたちが遊んでいる公園なので、情緒教育の面からも落書きは撲滅です。


通学路のイラスト1
通学路のイラスト2
イラストに保護塗装(テリオスコート)し、落書きを防止1
イラストに保護塗装(テリオスコート)し落書きを防止2

トンネルの上は国道6号線で、日立市内の滑川中学校の通学路になっている跨道橋です。落書きがひどかったため、落書き防止のために中学校の生徒がイラストを描きました。
ところが、このイラストの上から品性下劣な落書きをされてしまいました。中学校で絵を補修し、その上からSSプライマーとテリオスコートで描画保護と落書き防止の施工をしました。

お問合せフォーム(塗装技術で問題解決)

ページの先頭へ

ぬるぞうくん